特典例

FX会社には、よく特典があります。私が利用している外為どっとコムでもいろいろな特典があり、私もいくつか特典をゲットしました。

外為どっとコムでは、月に一回アンケートがあります。アンケートの内容は、取引頻度や、取引時間、特定の通貨ペアの今後の予想などで、誰でも簡単に答えることができます。アンケートをした人の中から毎月数十名、抽選で3000円が当たります。私は3回目のアンケートで、3000円をゲットしました。

他には、たくさん取引をした場合にキャシュバックしてくれるキャンペーンがあります。私はデイトレードをしていますので、取引量がそれなりにありましたので、1500円を3回、2000円を4回ゲットしました。

















 




FXは二つの方法で利益を得る

FXは通貨を銘柄にしている投資取引ですが、実は二つの方法で利益を上げることができるのをご存知でしょうか。

その内の一つが、通貨の価値の変動を利用した為替相場の差益を狙っていくものになります。
こうした事を狙い、同じように通貨を取り扱って資産を運用していこうというものに、外貨貯金というものがあります。
これは、日本の円で外国の通貨を買って運用することで、外貨の利息や為替相場の為替差損益も受け取ることができます。
しかしながら、為替相場の円高方向への移行や、政策金利の変更などにより、そうした利益を得られずに元本割れを起こすこともあり、こうしたケースは、その他の通貨を銘柄にしている金融商品全般に共通する事柄でもあります。

しかし、FXでの取引きはこうした金融商品とは少し違っており、円高方向に為替レートが移行しても利益を得ることができます。
例えば、アメリカの米ドルと日本の円で取引きをしている場合には、米ドルを売って円を買うという取引方法も可能であるために、円高で利益が出て、円安になると損失が出るという、外貨貯金とは正反対の方向の投資が可能なのです。

通常の取引きで頭に思い描くのは「モノを安く買って、高く売る」という方法でその差額を得ていくとイメージすると思いますが、FXでは「モノを高く売っておいて、安く買い戻す」という方法で利益を出すことが出来るのです。

この二つの売買手法を利用していくことにより、FXでは為替相場が円安方向に進んだとしても、円高方向に進んだとしても、そこに為替レートの値幅が存在する限りは、利益を生みだすことが可能であり、さらに、これらを駆使することで、上昇方向と下降方向に移動していく相場であっても、常に利益を出し続けることが可能になるのです。

もう一つは、通貨ごとに設定されている金利の差を利用し、長期的に投資を運用し続けてその利益を積み上げていくものになります。

通貨にはそれぞれに、それを発行する国や地域が設定している政策金利というものがあります。
二つの異なる通貨を一組のペアとして銘柄にするFXでは、それぞれの通貨の金利差をスワップポイントと呼んでいて、金利の低い通貨を使って金利の高い通貨を買って長期間に渡って保持することにより、日ごとにそれが集計され、通貨を決済した際に清算されて利益になる仕組みになっているのです。

スワップポイントで気を付けるべきところは、金利の高い通貨で金利の安い通貨を買って保持していると、この金利差をコストとして支払わなくてはならないことで、長期間に渡って通貨を保持することでゆったりと利益を貯めていくことができるのですが、定期的に見直される政策金利にはきちんと気を配っておかないと、いつの間にかスワップポイントを受け取るのではなく、支払うことになっていた、ということにもなりかねませんので注意をしましょう。




Copyright © 2014 TheFXJP.com